TOP>会社案内>沿革

沿革

1616(元和2年) 第三代田中玄蕃が、銚子で溜り醤油の製造販売を始める(ヒゲタ醤油の創業)
1697(元禄10年) ヒゲタ醤油の醸造法を改め、現在のこいくち醤油のようにする
1801(享和元年) 伊能忠敬が田中玄蕃家に滞在し、付近の海岸の測量を行う
1864(元治元年) 江戸幕府が醤油七印に対して値下げを免除する(最上しょうゆの名称が生れる)
1888(明治21年) 銚子醤油同業組合設立
1900(明治33年) 宮内省御用達を拝命
1906(明治39年) イタリア・ミラノ万国博覧会にて、ヒゲタ醤油が最高名誉大賞を授与される
1911(明治44年) 御用醤油醸造蔵建設され、蔵内に高倍(たかべ)神を奉祀する
1914(大正3年) 田中家(ヒゲタ印)、深井家(カギダイ印)、濱口家(ジガミサ印)の三家により銚子醤油合資会社設立
1918(大正7年) 銚子醤油株式会社設立(ヒゲタ醤油(株)の創立)初代社長初代濱口吉兵衛
1930(昭和5年) 第五工場(現・銚子工場)、鉄筋コンクリート造りの新工場完成
1937(昭和12年) 野田醤油(現・キッコーマン)株式会社と資本提携成立
1939(昭和14年) 本店を東京に移転する
1941(昭和16年) 他社との共同出資で宝醤油工業株式会社を設立する
1947(昭和22年) 野田醤油株式会社と経営分離
1953(昭和28年) 第一回朝日広告賞受賞
1966(昭和41年) キッコーマン株式会社に販売を委託
1976(昭和51年) ヒゲタ醤油株式会社に社名変更
1985(昭和60年) 銚子工場にヒゲタ史料館をオープン
1988(昭和63年) 「本膳」発売
1989(平成元年) 「そば膳」発売
1991(平成3年) 創業375周年記念行事開催
1992(平成4年) 「玄蕃蔵」DM販売始まる
1997(平成9年) 「高倍」奉納始まる
2001(平成13年) 創業385周年記念行事開催「天地人フレスコ画」完成
2003(平成15年) バイオプラント(波崎プラント)開設
2004(平成16年) キッコーマン株式会社と資本提携
東京本社、銚子工場地区、銚子事務所地区、波崎プラントで、ISO14001を取得
2007(平成19年) 東京本社、銚子工場地区、銚子事務所地区、波崎プラントで、ISO9001を取得