TOP>会社案内>会社概要

会社概要

会社概要
社 名 ヒゲタ醤油株式会社 濱口 敏行
創 業 元和2年(1616年)
設 立 大正7年(1918年)
代表者名 代表取締役社長 濱口 敏行
役員名 [取締役及び監査役]
  • 取締役加P 泰美
  • 取締役片岡 武二郎
  • 社外取締役濱田 孝司
  • 社外取締役田嶋 康正
  • 監査役山田 洋之助
  • 監査役山ア 孝一
[執行役員]
  • 社長執行役員濱口 敏行
  • 専務執行役員加P 泰美(社長補佐)
  • 上席執行役員片岡 武二郎(生産本部長)
  • 執行役員宮内 明(研究開発部統括部長)
  • 執行役員恵比須 省吾(生産本部副本部長 銚子工場長)
  • 執行役員肱黒 実(営業・開発本部長)
  • 執行役員濱口 浩幸(経営企画室長)
資本金 3億9600万円
従業員数 約340名
事業内容 醤油の製造販売、各種調味料の製造販売
本 社 〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町2-3
TEL 03-3669-1441  FAX 03-3667-3602
銚子事務所 〒288-8680 千葉県銚子市中央町2-8
TEL 0479-22-0080  FAX 0479-25-2132
工 場 〒288-8680 千葉県銚子市八幡町516
TEL 0479-22-5151  FAX 0479-22-5155
研究開発部 〒288-8680 千葉県銚子市中央町2-11
TEL 0479-22-1180  FAX 0479-24-3422
波崎プラント 〒314-0407 茨城県神栖市波崎新港1-5
TEL 0479-40-3355  FAX 0479-44-8882
関連会社 株式会社ケイ・アンド・エイチ
財務情報 財務情報の詳細はこちら
天地人フレスコ画
※ 工場内設置の「天地人フレスコ画」
経営理念

ヒゲタ醤油株式会社は「食とバイオ」の分野で、新しい価値の創造を通じて、人々の健康で豊かな暮らしの実現に貢献します。

経営ビジョン
1 江戸時代創業の伝統を継承・発展し、自然の恵みと日本の食文化を大切にします。
2 醤油及び加工調味料の専門メーカーとして、食品業界における競争力を一段と強化し、価値の高い商品とサービスを提供することによって、企業価値を高めます。
3 お客様、株主、従業員、取引先、地域社会等のステークホルダー(ヒゲタの利害関係者)の皆様に、経済的価値、人間的価値、社会的価値、文化的価値を提供し、社会的責任(CSR)経営を果たします。
行動規範
1 私たちは、消費者の安全を第一に考えた行動と製品造りをします。
2 私たちは、お客さまの満足と安心が得られるように最大限の努力をします。
3 私たちは、法令を遵守し、社会的倫理に則った企業活動をします。
4 私たちは、会社の理解と信頼を高めるため、誠意をもって企業情報をわかりやすく公開します。
5 私たちは、環境問題に積極的、自主的に取り組みます。
6 私たちは、人権の尊重と公平な処遇を行い、安全で働きやすい環境を作ります。
7 私たちは、地域社会の良き「企業市民」として行動し、地域の発展に貢献します。
トレードマークの由来
ヒゲタ醤油 トレードマーク
「田」の端の線「ヒゲ」と「上」はどうしてついたのでしょうか。

1616年(元和2年)、田中玄蕃が銚子の地にしょうゆ業を創業した当時のマークは、田中家の屋号「入山田」でした。 マークの「田」にヒゲがついたのには二説あります。一つは、田中玄蕃の夢枕に現れ、しょうゆ造りに適した水源を教えてくれた「ヒゲ」の仙人に感謝の意を表したとする説です。
また、元禄の頃(1688〜1704年)、「入山田」のマークを書いていた時、「田」の上端から墨汁が垂れてヒゲのようになり、他の端も同じようにしたらおもしろい図案になったので、以後これを印にしたという説もあります。いずれにしても、「田」にヒゲがついてから「ヒゲタ」と呼ばれるようになりました。
時は流れて江戸末期の1864年(元治元年)、物価高に悩んだ幕府は、市場に値下げ令を発しました。しかし、ヒゲタを含む銚子と野田の7銘柄は「最上醤油」という名称とともに従来の価格で販売することが許されたのです。そのお墨付きが、マーク左上の「上」。品質を約束する目印として、今も確かに受け継がれています。