TOP>お客様相談室

お客様相談室

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

商品等に関するお問い合わせはこちら

電話、FAXでのお問い合わせ

ヒゲタ醤油株式会社 お客様相談室

フリーダイヤル:0120-144164

FAX :03-3667-3602

お問い合わせの内容によっては、ご返事に時間がかかる場合もございます。
あらかじめ、ご了承いただきますよう、お願い申しあげます。
お客様の個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご参照ください。
いただいたメール・FAXすべてには、お返事を差し上げられない場合もございます。
あらかじめ、ご了承いただきますよう、お願い申しあげます。
FAQ よくあるご質問
  • Q1

    しょうゆの賞味期間(開栓前)はどのくらいですか?

  • A1

    食品は微生物が増殖したり、酸素や光により成分が変化して、食用適→食用可→食用不可と変化します。賞味期間というのはその食品をおいしく食べられる期間(食用適)のことで、実際に保存試験を行い定めています。しょうゆでは種類(こいくち、うすくち)と容器の材質によって差があります(下表参照)。

容器の材質 こいくちの賞味期間 うすくちの賞味期間
びん/缶 2年 1.5年
プラスティック(PET他) 1.5年 1年
  • Q2

    開栓後のしょうゆの保存方法と使用できる期間を教えてください。

  • A2

    開栓後、しょうゆは空気に触れるため、色が黒くなり、よい香りが低くなります。この劣化の速度を遅らせるためには冷暗所、より好ましくは冷蔵庫への保存をおすすめします。いったん栓を開けたら、1ヶ月程度で使い切るようにすると、しょうゆのおいしさを存分に味わえます。
    もし、色が黒くなった場合、さしみ、冷奴等のつけかけ用よりも、煮物や焼き物などの料理に使用することをおすすめします。
    なお、減塩しょうゆは塩分が低く、常温では腐敗する可能性が高いため、開栓後は必ず冷蔵庫に保存してください。

  • Q3

    開栓後のめんつゆの保存方法と使用できる期間を教えてください。

  • A3

    開栓前のめんつゆ(以下つゆ)は殺菌して詰めていますので、常温で保存できます。開栓後、保存料を添加していない家庭用のつゆは空気中の微生物が混入するため、常温保存では腐敗して食べられなくなります。開栓後は衛生的に取り扱い、必ず冷蔵庫に保存してください。
    一般につゆが腐敗すると以下のような変化がありますので、召し上がることはお避けください。

    (1) 味の変化:酸味を感じることがあります。
    (2) 外観の変化:透明だったものが、濁ったり、表面に膜ができたり、浮遊物や沈殿が生じることがあります。

    開栓後の品質変化は基本的にお客様に判断していただくことになります。ストレートタイプつゆのラベルには「開栓後は必ず冷蔵庫に保存し、3日以内にお召し上がりください」とありますように、開栓後は早く使い切ってしまうことをお勧めします。希釈タイプのつゆは塩分が高いためストレートタイプに比べやや腐敗しにくくなっていますが、希釈した場合はその場で使い切ってください。

  • Q4

    1リットルのしょうゆがスーパーなどの特売で安く売られています。通常の製品と中身は同じですか?

  • A4

    スーパーの目玉商品として、1リットルのしょうゆが安価に提供されることがあります。これらの特売品の価格は販売店などの努力によるもので、弊社では通常品と特売品は全く同じ製品です。しょうゆは、未開栓であれば長い期間常温保存ができることに加えて、毎日使う調味料であることが安価であると購入しやすい魅力的な条件になっているのかもしれません。

  • Q5

    しょうゆの品質はどうやって調べるのですか?

  • A5

    しょうゆの品質は、各種の成分値と官能検査により判断します。官能検査のことをきき味といいます。しょうゆのきき味はきき猪口(写真)に少量のしょうゆを注ぎ、色、香、味を調べます。ご家庭では、模様のある白い小皿で代用できます。はじめに、しょうゆの色を調べますが、小皿の模様の見え方を参考にします。次に香りを調べ、最後に少しだけ口に含んで味わいます。赤く澄んだ色、食欲をそそる芳香があり、塩味の中においしさのあるものがよいしょうゆです。もうひとつは、直接しょうゆを調べるのでなく、豆腐などにつけて実際に食べてみます。きき味には、先入観は禁物です。そのためには、(1)中身が分らないようにする、(2)他人の意見(数人で行う場合)が聞こえないようにする、といった工夫が必要です。ご家庭では一度に比較するサンプルの数は2点に絞ることをおすすめします。体調や気候、調べる順番の影響もありますので、必要があれば機会を変えて繰り返します。 実際に召し上がって、おいしく感じるものがお客様にとってよいしょうゆなのです。

  • Q6

    しょうゆの分析はどのような成分を調べるのですか?

  • A6

    しょうゆの品質で、色・味・香りを実際に確かめる官能検査と同様、客観的に示す成分分析も行います。
    しょうゆの味で、旨みを示す成分の指標が「全窒素」です。大豆と小麦のたんぱく質に由来します。塩辛味は「塩分」で、食塩の含量を示します。味全体(塩分以外)の濃さを示すのが「無塩可溶性固形分」で、全窒素と糖分を含んでいます。香りを代表する成分として「アルコール」があり、色は色度を測定します。
    各成分値の範囲はJAS(日本農林規格)で決められています。その範囲により特級〜標準の区分が決められています。ほとんどの家庭用しょうゆは、品質の高い特級に属しますが、特級の中でさらに高品質なものは特選と超特選という表示をすることができます。

  • Q7

    受付時間を教えてください。お昼の時間でも見学できますか?

  • A7

    受付時間は9時〜16時です。お昼の時間でも、お越しいただくことができます。

  • Q8

    休日でも見学できますか?

  • A8

    はい。休日も、お気軽にお越しください。ヒゲタ工場では、年末年始を除き、年中無休で受付しております。ただし、土、日、祝日、お盆休みは工場が稼働していないため、映画上映と史料館案内のみとなります。

  • Q9

    今日、家族で参加したいのですが、見学に行ってもよいですか?

  • A9

    数人のグループであれば、ご予約なしでお越しいただくことができます。ただし、団体のお客様につきましては、あらかじめご予約くださるようお願いいたします。
    ≪お申込み・お問い合わせ先≫ ヒゲタ醤油株式会社
    銚子事務所 銚子市中央町2-8
    TEL 0479-22-0080
    ※土、日、祝日、お盆休みはヒゲタ工場(TEL 0479-22-5151)へ直接ご連絡ください。

  • Q10

    駐車場はありますか?

  • A10

    工場の敷地内に、駐車場をご用意しております。普通車10台まで収容することができます。

  • Q11

    銚子駅から工場までの道のりを教えてください。